INTERVIEW

黒岩結

「見違えたね、色々ありがとう」
「これからもよろしくね」
やっぱり感謝の声が一番のやりがい

黒岩結
2017年入社
レジデンス管理部
主任

PROFILE

新卒研修後、レジデンス営業部に配属。賃貸レジデンスの営業を担い、約2年間で7棟の新築プロジェクトを経験。RBM初進出の広尾や赤坂エリアの開拓においては、持ち前のコミュニケーション能力を活かし、仲介業者とのネットワーク作りに大いに貢献した。料理上手な九州娘。

「住宅」に関わりたいという希望が叶った

就職活動では、不動産業界を志望していました。1日の大半の時間を過ごす「住宅」に関わる仕事は、責任が大きい分やりがいを感じるのではないかと考えたためです。
現在は、レジデンス管理部で、RBMが管理する130棟の分譲マンションのうち8棟の管理組合の運営と、共用部の管理業務を担当しています。業務内容は様々で、マンション管理組合の会計管理や居住者の方々の要望へのご対応、清掃状況の確認など日々のメンテナンス管理を行うほか、インターネット回線やオートロック設備の導入といった、新たな設備導入工事の提案も行っています。居住者の方々がより快適に暮らせる環境を整えて、マンションの価値を高めることが、レジデンス管理部の仕事です。

黒岩結

「これからもよろしくね」誠意が伝わった経験

入社後、賃貸レジデンスの営業部へ配属され、その後、分譲マンションの管理を行うこの部署に異動になりました。どちらも同じ「住宅」に関わる部署ですが、業務内容も、入居者様の層も、取引先の方々も、ガラッと異なるので、不動産業を色々な視点から見つめることができ、勉強になっています。
レジデンス管理部はベテラン社員が多い部署なので、初めて自分の担当物件を任されたときは、経験不足から「前任の担当者よりも頼りない」と思われてしまわないか不安でした。そこで、実際にマンションに足を運び、現場の状況を把握する機会をより多く持てるよう努めました。すると、理事や入居者の方にお会いする機会が増え「よく頑張ってるね」や「これからもよろしくね」といった励ましの言葉をいただくことができました。マンションをより良くしていきたいという気持ちが伝わったと感じ、嬉しかったのを覚えています。

<空>

「ありがとう」と直接言ってもらえる仕事

仕事をする中で一番喜びを感じるのは、管理組合の方や居住者の方に「ありがとう」と言われることですね。生活をする場所だからこそ、大きな工事が完了したときはもちろん、ちょっとした改修や手入れにも喜んでいただけることが多く、やりがいを感じます。
先日、担当物件で駐車場の改修工事がありました。工事完了後、車を走らせやすくなり、見栄えも良くなったことを受け、入居者の方が「見違えたね、色々ありがとう」と言ってくださり、情報収集や資料作成を頑張ってよかったと感じました。分譲マンションは、入居者一人ひとりが所有者であり、その分管理するにあたってより大きな責任があると感じています。だからこそ知識をつけ、安心して管理を任せられる信頼関係を管理組合の皆様と築き、「黒岩さんなら安心して任せられる」と言っていただけるような仕事をしていきたいです。

黒岩結

MY CARRIER <空>

2017レジデンス営業部
新卒で入社後、賃貸レジデンスの営業部に配属。「広尾レジデンス壱番館」のプロジェクトリーダーなど、多くの新築プロジェクトを経験。
次へ
2019レジデンス管理部
分譲マンションの管理を行う部署に配属。8棟の管理組合の運営と、共用部の管理業務を担当。

ONE DAY SCHEDULE <空>

9:30
出社。メール返信、書類作成等、社内で事務作業。
12:00
昼食。
13:00
担当するマンションを巡回。管理員から管理上の問題や要望をヒアリング。工事が行われている場合は、工事箇所のチェック。理事会へ出席。
17:00
帰社。理事会の議事録作成、管理組合への提案資料の作成など事務作業。
18:30
退社。

MY HOLIDAY

友達とランチしてお茶することが多いです。結構な頻度で会っているはずなのに、 気づくと5時間くらいおしゃべりしていたりします。笑  近所の行ったことのないカフェを開拓していくのも好きです。

休日の様子