INTERVIEW

松本

目指すはビル管理のスペシャリスト
変化の多い時代だからこそ
頼れる担当者でありたいと思います

松本謙一郎
2019年入社
ビルディングマネジメント部

PROFILE

経済学部卒。新卒で入社し、レジデンス営業部とビルディングマネジメント部を経験。職場では、真面目で仕事熱心なしっかり者だが、バイクのハンドルを握ると性格が変わるとの噂も。いつも笑顔の、愛されキャラ。

RBMは、学内説明会でたまたま立ち寄った会社

就職活動の際、不動産、特に「建物」に強い関心があったので、業界は不動産、建設に絞っていました。RBMはたまたま立ち寄った説明会でその存在を初めて知りましたが、少人数の組織ながら用地仕入から設計、営業、管理まで、不動産のライフサイクル全てにかかわっているとの説明に興味をもち応募しました。 大手では分社化されているような設計や管理、技術部門なども自社にあるため、少し手を伸ばせば不動産のあらゆる面を勉強できると説明会で聞いていましたが、実際に入社してみると言われた通り。仕事をしていて疑問があれば誰にでも相談がしやすいですし、若手が多いため社内活動での交流も活発で、風通しが良いですね。

松本

日々成長を感じることができる環境

入社後レジデンス営業部で新築物件のプロジェクトリーダーを経験し、ビルディングマネジメント部に配属されました。ビルディングマネジメント部は、自社所有のオフィスビルと、他のオーナーが所有するビルの運営管理を行う部署です。ビルに入居する企業との窓口として、日々の要望や不具合への対応のほか、法定点検や改修工事の管理・進行、オーナーへの報告書類の作成などを担当しています。ビルごとに、業務範囲や仕事の進め方も異なるため、営業のように前に攻めるのではなく、ルールを守りつつ柔軟さが求められる仕事に難しさを感じることもあります。また、空調や電気設備といった専門知識が求められる場面もあり勉強しなければならないことが山積みですが、日々成長を感じることができ、やりがいがあります。

若いうちからチャレンジできる環境で成長できた

世の中の変化に対応できるビル管理を

RBMの管理業務の強みは、トラブルへの対応が早いこと。不具合時は必ず現場の担当者が向かうなど、ひとつひとつの案件に丁寧に対応できる体制が整っています。スピード感のある対応ができるのは、大きな会社にはない武器だと思いますね。所有するビルの設計等もすべて社内で行うからこそ、修繕工事の社内承認やトラブル解消が、スムーズに行えるんです。
感染症の流行で、テナント様の働き方が変わったり、衛生面の気配りが増えたりと、ビル管理会社として求められる仕事内容もガラッと変わりました。どんな状況下でも「松本を頼れば大丈夫!」そう言っていただけるような担当者になれるよう、RBMの強みを生かしながらこれからも邁進していきたいと思っています。

松本

MY CARRIER <空>

2019レジデンス営業部
新築「RBM築地レジデンス」の賃貸営業でプロジェクトリーダーを経験。
次へ
2020ビルディングマネジメント部
自社所有のオフィスビル、別オーナーが所有するオフィスビルの運営・管理(PM・BM)を担当。

ONE DAY SCHEDULE <空>

9:00
出社後、部内ミーティング。前日の報告と本日の予定の共有を行う。
9:30
メールチェック。請求書、レポートなどの事務処理。
11:00
担当するオフィスビルへ訪問。ビルの管理員やテナント企業と会い、ヒアリングやアフターフォローを行う。
12:00
昼食。
15:00
帰社。修繕工事などに関するオーナー提案資料、社内提案資料や、報告書の作成。社内の別部署との打ち合わせ。
19:00
仕事を終えて帰宅。

MY HOLIDAY

社会人になってバイクを購入しました!行ったことない場所へ行ったり、知らない道を通ったり、毎週末の楽しみが増えました。車や徒歩移動とは違った発見があり、わくわくします。今後は関東圏だけでなく、いろいろなエリアへ足を延ばしてみたいと思っています。

休日の様子